くりぬき目玉焼きトースト

朝食べるものってだいたいいつもワンパターンですが、たまには気分というか形を変えてみたくなります。

トーストをくりぬいて、パンと目玉焼きを一緒に焼きましょう。

材料はこれだけ。

  • 食パン 1枚
  • 卵 1個
  • バター 適量
  • 塩胡椒 適量

まず食パンをまな板にのせて

目玉焼きトーストの作り方1 トーストを準備します

コップなどでグリグリ押さえて中央に穴をあけます。

穴ができました。

次はフライパンを熱してバターをひき、食パンを乗せて片面を焼きます。

ひっくり返して穴に卵を割り入れます。卵に火が通ったら完成。

穴の蓋の部分も焼いておきましょう(大きめフライパンなら全部いっしょに焼けて尚良し)。

皿に盛りつけて塩胡椒をしていただきます!

Photo by Yoko Kadokawa

くりぬき目玉焼きトースト

  • 分量: 1人分
  • 難易度: 簡単
  • 印刷

くりぬき目玉焼きトースト


いつものトーストと目玉焼きの朝食をちょっと形を変えると気分も変わります。
作り方はとっても簡単。食パンの真ん中をくりぬいて、トースターではなくバターを引いたフライパンで焼き、くりぬいた穴に卵を落として一緒に焼くだけ。週末のブランチにぴったりです。
くりぬいたパンも一緒に食べましょう!

食材

  • 食パン 1枚
  • 卵 1個
  • バター 適量
  • 塩胡椒 適量

手順

  1. 食パンをまな板の上に置き、コップなどを使って真ん中を丸くくりぬきます。
  2. フライパンにバターを熱し、食パンの片面をこんがり焼きます。(卵を両面焼きたい人は、ここでくりぬいた穴の中に卵を入れます。)
  3. 片面がこんがり焼けたらフライ返しでひっくり返し、中央の穴に卵を割り入れます。
  4. 卵がお好みの状態に火が通ったら、塩胡椒をして完成です。

Yoko Kadokawa

バリエーション豊かな作風で雑誌、Web、書籍、モバイル、広告など様々な媒体で活躍するイラストレーター。デジタル、手描きを問わず、時に美しく、時にコミカルに、常に独自の世界を作り出す。

Leave a Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中