藤屋窓月堂 伊勢神宮土産の御干菓子

私には姉が2人いるのですが、先日、一番上の姉から伊勢神宮土産ということでお干菓子が送られてきました。

箱には神饌(しんせん)と書かれていて、なんだか御利益がありそうです。

聞くところによると、神饌は神様のお食事のことで、そのお下がりを参列した人たちでいただくとのこと。このお干菓子はそのお下がりなので、きっとご利益があるはず。

藤屋窓月堂 伊勢神宮土産の御干菓子, Photo by Yoko Kadokawa

中には落雁が3つ。

綺麗な菊の花の形をした1つ5センチくらいの落雁です。

落雁というのは自分で買って食べることはほとんどないお菓子ですが、こうして人からもらうと嬉しいものでもあります。特別なお菓子というイメージです。

和三盆と水飴で作られた上品な甘さの落雁は、日本茶はもちろん、コーヒーとも合うのですよね。

ということで、コーヒーのお供に本日のおやつと致します。

ありがたや。ありがたや。

藤屋窓月堂 伊勢神宮土産の御干菓子を吉田直嗣さんの器に, Photo by Yoko Kadokawa

Photo by Yoko Kadokawa

Information
藤屋窓月堂 Webサイト
伊勢神宮 Webサイト

Yoko Kadokawa

バリエーション豊かな作風で雑誌、Web、書籍、モバイル、広告など様々な媒体で活躍するイラストレーター。デジタル、手描きを問わず、時に美しく、時にコミカルに、常に独自の世界を作り出す。

Leave a Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中