腰の低い御婦人

御所にほと近い京の街を歩いていたら、こちらに頭を下げてくださる御婦人がいらっしゃった。

大きなドアと白い窓枠がレトロモダンで美しい美容室の店先で、丁寧に頭を下げてお客さんを出迎えていらっしゃる。

「いらっしゃいませ。毎度ありがとうございます。」

白衣を着て凛とした表情でそう挨拶されると「いえいえ、どうぞ頭をあげてくださいな」と返したくなる。

初めてこの看板を見た時、なんて素敵な看板を出す店なんだろうとオーナーのセンスに惚れてしまった。

店先だけでなく窓から見える店の中もクリーンでセンス良くまとまっていて、ヘアスタイリストにはちとうるさいわたしが「ここで髪を切ってもらったらきっと気に入るに違いない」と確信に近いものすら感じる。

だが、京都に帰省するときはいつも慌ただしくて、この美容室の前をちょくちょく通りかかるのにまだ一度も中に入ったことがない。

「次回帰ってきた時にはきっとお願いしますね」

腰の低い御婦人にそっとそう告げて、目的地への道を急ぐのであった。

腰の低い御婦人

Photo by Sooim Kim

Sooim KIM 

面白い映画、演劇、ドラマを求めてあちこちをさまよいつつ、美味しいものを食べ、好奇心にまかせていろいろ作る。

Leave a Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中