大桃沙織さんのお針刺し

私が身の回りの持ち物にこだわるのには理由があります。

とにかく何をするのにもまず「めんどくさい!」という感情を持ってしまうのです。

料理も掃除もお洗濯もお菓子づくりもメンドクサイ。

できればその道のプロフェッショナルに外注したいと思っていますが、経済的にそんなことができるはずもなく自分でやるしかないわけで……。

なので「モチベーションをあげるために素敵な道具を使おう!」という気持から、身の回りの持ち物を素敵にしていっているのです。

そんな私のめんどくさくてやりたくないことの上位に入ってくるのが「お裁縫」です。

そしてこれが5年ほど前に見つけて心を奪われ購入した救世主、大桃沙織さんの真鍮のお針刺しです。

この造形の美しさ。

丁寧に切り抜かれた模様の窓からのぞく原毛の色とのコントラストの妙。

見事な芸術作品です。

大桃沙織さんのお針刺し

金工作家の大桃沙織さんは真鍮の板を繊細な柄で切り抜いたり、繰り返し叩いて装飾を施すなどして丁寧で美しい作品をたくさん制作されています。

アクセサリーや置物、個性的なカトラリー、日々を彩る道具などなど。どれも目と心を奪われる美しさです。

この針刺しは自然の中に在る「実」や「種」がモチーフとなっていて数種類のデザインがあり、どれも個性的で美しく、迷いに迷ってこちらの半円形を選びました。

直径5㎝ほどの小さなものですが、あまりに美しいので存在感がすごいです。

大桃沙織さんのお針刺し
大桃沙織さんのお針刺し

何度目にしても惚れ惚れする美しさなんです。

大桃沙織さんのお針刺し

というわけで私は大嫌いな針仕事も楽しく進められるになったわけでございます。

Information

大桃沙織さんのInstagramで作品や個展情報などが見られます

Photo by Yoko Kadokawa

at 527 セレクトのアイテムを集めました
ROOM

Yoko Kadokawa

バリエーション豊かな作風で雑誌、Web、書籍、モバイル、広告など様々な媒体で活躍するイラストレーター。デジタル、手描きを問わず、時に美しく、時にコミカルに、常に独自の世界を作り出す。

Leave a Comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中